ニホンノウサギ190813千葉県

Japanese Hare 190813 Japan. 久しぶりに日中出てきた。 8月11日茨城県クツワムシが一斉に鳴きだす。 8月1日千葉県エンマコオロギ1匹鳴く。 7月27日千葉県茨城県ハタケノウマオイ鳴く。

続きを読む

ニホンノウサギ190421千葉県

Japanese Hare 190421 Japan. ライトを減光すれば比較的自然に振舞うがそうすると合焦しなくなる。夜間撮影のディレンマ。 右耳の先が少し欠けているようだ。この右にもう1匹、少し離れてさらにもう1匹いた。

続きを読む

ニホンノウサギ190406千葉県

Japanese Hares 190406AB Japan. 2匹一緒にいるときは一方しか撮れないのが常だが、今回はうまくいった。個体A:体が黒っぽく、耳の表裏に黒斑が散在する。オスか。個体B(画像2、3):左耳裏にぽつんと黒斑。メスか。 耳で個体識別できそう。

続きを読む

ニホンノウサギ190217千葉県

Japanese Hare 190217 Japan. 農道と田圃の間のアシ原を刈ったところで発見。草陰に潜んだところを撮る。この数m右にヤマシギがいた。ウサギに遭遇するのはいつもこの辺。

続きを読む

亜種ホンドタヌキ-180901千葉県●

Japanese Raccoon Dog 180901 Japan. 親は早々と逃げた。子ダヌキは水の入った休耕田にじっと身じろぎせず雨に濡れそぼっていた。手の届きそなところに接近しても動じず。千葉県。 Japanese Raccoon Dog 180821 Japan. 稲刈りされた田とされていない田との境界を移動。茨城県。

続きを読む

アブラコウモリ180811千葉県

Japanese House Bat 180811 Japan. 早朝、壁や屋根裏にしがみつく飛ぶを10回以上繰り返した後、配管カバーの裏に潜り込んだ。 アブラコウモリがイエコウモリといわれる機会が増えだしたのはいつからか。未だにイエには違和感がある。アブラは古くから庶民の言葉だし学名でもあるし、アブラハムとかアフラマツダとかグローバルに馴染む語感があって、英語の直訳調のイエよりいいと思う。

続きを読む

ニホンノウサギ180310千葉県

Japanese Hare 180310 Japan. 寒い夜には、ヤマシギは堤防沿いの農道と田の間の法面下端の草地にじっとしていることが多い。ウサギがいるのもちょうど同じところだ。しかし撮れる場所は逃げ道である田圃。

続きを読む

ニホンノウサギ180202千葉県●

Japanese Hare 180202 Japan. 双眼鏡で光る眼を見つける。今の機材で限界の距離、約70m離れての撮影。食べるものは異なるがヤマシギとほぼ同じ場所で見かける。2種が遭遇するとどんな反応を見せるのか。

続きを読む

亜種ホンドタヌキ170729千葉県 ●

Japanese Raccoon Dog 170729 Japan. 畔を一つひとつライトで照らして廻る。ばったり鉢合わせ。肝を冷やす。相手も凍り付いたように静止。カメラに手をかけると我に返ったか成長した稲に隠れた。

続きを読む

ニホンノウサギ170211千葉県

Japanese Hare 170211 Japan. 昼より夜の方が見かける機会は多いが撮影は困難。ノウサギはしばしば目が黒いといわれるが網膜はやはり赤い。 千葉では冬も白くならない。本州の亜種はLepus brachyurus brachyurus キュウシュウノウサギ。

続きを読む

亜種ホンドタヌキ-161210千葉県

Japanese Raccoon Dogs 161119/1121/1210 Japan. あたかも自体が発光しているが如く眼が光る。ヤマシギの眼も光るがタヌキや野良猫のそれに比べると随分控えめである。 夜間探鳥で毎回数頭に出くわす。これだけ多いとあちこちで目撃するロードキルに合点がいく。 画像1:12/10撮影。画像2、3:11/21撮影。画像4、5:11/19撮影。画像1、4、5は公…

続きを読む