クロジ♂第1回夏羽・アカハラ♂170504千葉県

Grey Bunting ♂ first summer 170504 Japan. 公園に3羽いた。この公園では越冬はしていなかったので移動中の個体だろう。 Brown-headed Thrush 170504 Japan. 地上に7羽いた。1羽飛び立つとすべて針葉樹の上の方へ行ってしまった。1時間以上待っても降りて来なかった。 クロジもアカハラも警戒心強く姿を見せるのは一瞬。

続きを読む

クロジ♂♀130414千葉県

Grey Buntings ♂♀130414 Japan. ルリビタキやウソはすでに旅たったようだ。一方、このクロジやシメはまだ残っていた。アオジは渡去前ですでに囀っている。

続きを読む

クロジ♀♂130120千葉県

Grey Bunting ♀130120 Japan.上尾筒は赤褐色。 Grey Bunting ♂first winter 130120 Japan.上尾筒は赤褐色。 Grey Bunting ♂first winter 130120 Japan.換羽の進んだ第1回かもしくは第2回冬羽。 Grey Bunting ♂130120 Japan.

続きを読む

クロジ♂冬羽130106千葉県

Grey Bunting ♂ nonbreeding 130106 Japan. 後頸、上尾筒等に褐色斑が散在する。このような個体は第2回なのか成鳥なのか。 Grey Bunting ♂ first winter 130106 Japan. 体下面に灰色味。

続きを読む

クロジ♂成鳥冬羽 虹彩100322千葉県

Grey Bunting adult ♂ nonbreeding 100322 Japan. クロジ♂成鳥冬羽100322千葉県。虹彩、瞬膜、オービタルリング、アイリングがよくわかる。大雨覆の磨耗が目立つ。 両生爬虫類の皮膚の構造色にかかわるイリドフォア(虹色素胞)は、鳥の皮膚では羽毛の進化の過程で失われ、虹彩にだけ残った。イリドフォアにはカロテノイド、プテリンの色素の結晶が並び、構造色を生…

続きを読む

クロジ♂第1回冬羽・成鳥冬羽100207千葉県

Grey Bunting adult ♂ nonbreeding 100207 Japan. クロジ♂成鳥冬羽100207千葉県。風切と尾に褐色味がある。 Grey Bunting ♂ first winter 100207 Japan. クロジ♂第1回冬羽100207千葉県。体下面が灰色で、胸に縦斑が見えない。

続きを読む

クロジ♂第1回冬羽091230千葉県

Grey Bunting ♀♂first winter 091230 Japan. クロジ♀♂第1回冬羽 091230千葉県。後姿に注目。総排出腔周辺が目立つ。同種他個体はこうした部分に反応するのかもしれない。 訂正130122: ♀→♂第1回冬羽

続きを読む

クロジ♂第1回冬羽・成鳥090101千葉県

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 撮初めはクロジとなりました。 Gray Bunting ♂1st winter 090101 Japan. クロジ♂第1回冬羽090101千葉県。♀に似ているが、体下面に灰色味がある。 Gray Bunting ♂ nonbreeding 090101 Japan. クロジ♂冬羽090101千葉県。こうした成鳥冬…

続きを読む

クロジ♂第1回冬羽・♀080322千葉県

クロジ♀080322千葉県。 クロジ♂第1回冬羽080322千葉県。 餌付けされたクロジ。ディーテールを確認するにはもってこい。羽衣の変化も確認できる。 引かないと焦点が合わない距離。 12月のクロジ

続きを読む

クロジ第2回冬羽071223千葉県

至近距離で4羽をじっくり観察しました。まず灰色の♂からです。 Grey Bunting ♂2nd winter 071223 Japan. クロジ第2回冬羽071223千葉県。成鳥冬羽は夏羽よりやや薄い灰黒色です。成鳥かと思ったのですが細部をよく見ると、たとえば後頸、上尾筒、尾羽に褐色が交じっています。1年目でここまで換羽は進まないので第2回と思われます。 次に♂第1回冬羽と思われる2…

続きを読む

クロジ♂第1回夏羽ほか070428手賀沼

先日オオルリの鳴いていた斜面林に行くと、今日は代わりにキビタキがいました。あちこち飛び回り一所に落ち着かず、姿を捉えることは出来ませんでした。 クロジはまだ1羽だけ残留してました。 クロジ♂第1回夏羽070428手賀沼。 顔や体下面は灰色ですが、上面にはかなり褐色があります。頬のあたりが角度によっては緑色に見え、ノジコのようです。 アオジ♀冬羽。 アオジはまだかなりいて…

続きを読む

クロジ♂成鳥夏羽070422手賀沼

結構明るい林で、ホオジロ類の小鳥が飛び回っていました。アオジかな、と双眼鏡を向けると、クロジ第1回でした。まだいたんだ。 じっとしていると、いろいろな声が聴こえてきます。アオジ、アカハラ、メジロ、ヤマガラ。 チチポイピー・ジッジ。むっ、あれは、オオルリ!手賀沼では、滅多に聞けません、ってもしかしたら初めてかな。 ホイ・チョッ・チー、一声だけれど、あれは確かにクロジ。この冬、この地に♂成鳥は…

続きを読む

クロジ・シロハラ070115手賀沼

気まぐれのクロジが今朝は小道に出てきました。 クロジ♂第1回冬羽070115手賀沼。 お腹は灰色に見えますが、上面にかなり褐色が残っています。 あいにく逆光です。反対側でしばらく待っていたのですが、出てきてくれませんでした。その代わりに出てきたのが、シロハラでした。 シロハラ♂第1回冬羽。

続きを読む

クロジ♂第1回冬羽061204手賀沼

早朝の手賀沼は気温2℃、快晴無風。 クロジの見られる斜面林を一回りしました。 ルリビタキはあちこちで顔を出すのですが、気まぐれなクロジの小群はどこへ行ったか、声もしません。諦めて帰ろうと目を向けた先の小道で影が動きました。チッ・チッと飛び立ったのですが、すぐ脇の藪の下に降りました。 双眼鏡を覗くと、やっぱりアオジではありませんでした。 クロジ♂第1回冬羽061204手賀沼。全体的…

続きを読む

林の奥から聴こえる地鳴き061119手賀沼

  朝から雨でした。斜面林はいつにも増して薄暗く双眼鏡で覗くと色彩のない視野が見えるばかりです。   アカマツ、スギとシラカシの混交林の奥の方からホオジロ類の地鳴きが聴こえます。道から逸れて声の方へ藪を行きますが、不思議と(といってもこの鳥の場合は何時ものことなのでしょうが)声との距離は縮まりません。   地鳴きは林床からします。そっと双眼鏡を向けると、一瞬早く4羽の鳥影が梢へ一目散に、文字…

続きを読む