鴎舞時 / OhmyTime

アクセスカウンタ

zoom RSS ナガレタゴガエルとタゴガエル070130東京都

<<   作成日時 : 2007/02/01 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

ある雑誌の記事が、心の底に沈んでいた記憶を呼び起こし、感情が乱される。

小学5年生だったか6年生だったか、川の水の冷たさが少し和らぐ頃カエルを採りに出かける。
両手で静かに石をひっくり返す。大概はカジカガエルなのだけれど、たまに妙なのが取れる。
石に潰されたようにぺっちゃんこで、落ち葉のようなカエルで、背に灰色の雲状の模様がある。アカガエル(ヤマアカ)ではないし、もちろんカジカガエルでもない。変なの、でも、モリアオガエルなんか緑から紫まで色変わるし、狭いとこにずっといれば形も変形するかも。と、友達と同様、追求をすることもなく何時しか、謎の木葉ガエルは忘れ去られてしまったのです。

そして、数年後のことです。アニマ1982年6月号に松井孝爾の新種ナガレタゴガエルを発見!が載ります。これはもしかしたら、あの謎のカエル?確信はありませんでしたが、そう考えるのが最も自然でしょう。小学生の新種発見を夢想すると、ちょっぴり残念、かな。

画像
Stream Brown Frog ♂ ナガレタゴガエル♂070130東京都。
褐色の個体。灰色のもの、雲状模様のあるものなど、かなり個体差があります。

画像
Stream Brown Frog ♀ ナガレタゴガエル♀070130東京。
♂より赤っぽい。前肢第1指には、♂のような婚姻瘤が発達しません。♂より大きくなるのは、♂を背負ったまま流水中を移動することへの適応といわれています。
実はこの痩ガエル、産卵直後です。少し前まで雄を背負って、お腹はパンパンに膨らんでいたのです。背に寄生虫が付いているのがわかるでしょうか。

画像
Tago's Brown Frog ♀ タゴガエル♀070130東京。
ナガレタゴは、このタゴガエルの隠蔽種に相当します。隠蔽種というのは、形態がほとんど区別できないが自然状態で独立した種の関係にある集団のことで、同胞種とか、姉妹種と言われることもあります。タゴで見える鼓膜が、ナガレタゴでは見えません。足のヒレは、タゴはナガレタゴにくらべて発達していません。また、タゴでは、大きさは雌雄であまり差がありません。

画像
Stream Brown Frogs
包接中のナガレタゴガエル。2月に体の割に大きな卵を産みます。産卵後は上陸し林で過ごします。雄にはしばらく川に残る個体がいて、小学生の頃採ったのはこうした残留組だったのかもしれません。

継続的に両生類を観察されているK氏なくしてこのエントリーはありません。感謝、感謝。

改訂130823:
タイトル「謎のカエルの思い出」を変更した。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ニホンアカガエルとヤマアカガエル
ニホンアカガエルは平地に、ヤマアカガエルは山地に生息するアカガエルで、よく似た外見をしていて、同じ場所で見つかる(同所的)こともあります。けれど、Larus cachinnansとL.mongolicusとのように、別種なのか亜種なのかといった混乱は起きません。何重かの隔離機構があり、また核型分析(染色体の数と形を調べること)で明瞭な差があるからです(体細胞の染色体数はニホンアカが、2n=26、ヤマアカが2n=24)。 ...続きを見る
鴎舞時 / オー・マイ・タイム
2007/02/21 21:39
クロサンショウウオ070310茨城
クロサンショウウオは北関東から東北に生息する、トウキョウサンショウウオhttp://seichoudoku.at.webry.info/200702/article_24.htmlより大きい止水性のサンショウウオです。トウホクサンショウウオと同所的に分布する場合がありますが、トウホクのほうが流れのあるところに産卵し、また卵のうは形態が大きく異なります。 ...続きを見る
鴎舞時 / オー・マイ・タイム
2007/03/10 20:54
ヒダサンショウウオ070416長野県
鳥の写真を撮り始めた頃、友人に見せられた1枚の写真に衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。 ちょっとピントはあまいのだけれど、そこには藍色に鮮やかな黄色い斑点の散らばった、紛れもないサンショウウオが写しだされていたのですから。 言うまでもなく、週末には友人の案内で人知れぬ細い流れをめざして道無き斜面をはやる気を抑えきれず登ったです。 ヒダサンショウウオは山陰から関東の渓流に住む、流水性のサンショウウオです。 地味な日本産サンショウウオのなかで、このヒダサンショウウオは例外的に... ...続きを見る
鴎舞時 / オー・マイ・タイム
2007/04/24 22:07
タゴガエル♂♀071128長野県産
タゴガエルは日本固有のアカガエル類です。 名は両生類学者の田子勝弥に献じられたものです。1978年に発見された近縁のナガレタゴガエルはそれまでタゴガエルと混同されていました。こうした見分けのつきにくい複数の種の集団を隠蔽種(場合により同胞種とか姉妹種)といいます。 Tago's brown frog091128Japn. タゴガエル♂(上)・♀(下)071128長野県産。 雌が大きいというカエル類に見られる一般的傾向ははっきりせず、大きさに雌雄差がほとんどありません。繁殖期に見られ... ...続きを見る
鴎舞時 / オー・マイ・タイム
2007/12/04 22:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ナガレタゴガエルとタゴガエル070130東京都 鴎舞時 / OhmyTime/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる