鴎舞時 / OhmyTime

アクセスカウンタ

zoom RSS トノサマガエル種群とセグロカモメ種群

<<   作成日時 : 2007/06/15 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

種群というのは、極めてよく似た複数の種(亜種)を一括りに扱うときに使う用語です。早い話し分類のよくわからない生物の一群を指す言葉です。
英語では、complex(複合体)とかassemblage(集合体)とか、もっと単純にgroup(群)とか、研究者ごとに別の表記をしています。
ショウジョウバエ、タテジマフジツボ、カスミサンショウウオ-トウホクサンショウウオ、ヒヒ(ヒヒの分類は極めて面白くカモメの分類にも通じるものを感じます)、そしてこのトノサマガエルなど、いろいろな生物種で、種群があります。けれども、種ですら、その定義は定まっていないありさまですから、この種群なる語も、使用者の数だけ定義がある状態です。
バーダーで最も気になるcomplexは、なんといってもherring gull complexです。これでどれだけ論文が生産されたでしょうか。herring gull complexの訳語は今のところ定まっていませんが、「セグロカモメ種群」が一番しっくりするのではないかと思います。
これを煮詰めるために、あちこちの種群を集めています。

画像

トウキョウダルマガエル070614印旛沼。
緑の個体。繁殖期でもトノサマガエルのように♂に黄色の婚姻色がでないので、♂か♀かは不明です。
背の黒斑が繋がらないのがトウキョウダルマの特徴です。形態は、トノサマガエルとトウキョウダルマガエルの亜種ダルマガエル(両生類図鑑では、亜種は、鳥の場合のようには亜種名の頭に「亜種」をつけませんが、ちゃんと附けたほうがつまらない誤解を減らせると思います)との中間です。

さて、トノサマガエル種群です。
松井正文著『両生類の進化』によれば、トノサマガエル種群には、トノサマガエル、トウキョウダルマガエル、トウキョウダルマガエルの亜種ダルマガエル名古屋種族、トウキョウダルマガエルの亜種ダルマガエル岡山種族が含まれます。
亜種ダルマガエルの名古屋種族と岡山種族は、『5日本動物大百科』を見ると、鳴き声が異なる。多分鳴き声は種認知に大きく関わると思うので、そのうち別種になるかもしれません。

進化生物学の大御所エルンスト・マイヤーの"Animal species and evolition"(1963)には、地理的種分化の項のサーキュラー・オヴァーラップ(輪状種・環状種)の例として、セグロカモメやシジュウカラとともに、なんと極東のこのトノサマガエルが挙げられていて感動したことを覚えています。しかし残念ながら、現在の生物学では、そこで取り上げられた例のほとんどすべてが否定されています。

トノサマガエル種群は、セグロカモメ種群同様、輪状種ではありません。
トノサマガエル種群の種分化の過程は、山渓の『日本のカエル』にあります。

1)トノサマとトウキョウダルマの共通の祖先が、氷河期で大陸と日本列島が繋がったとき日本に渡り、間氷期に日本に孤立した個体群が大陸の個体群と分化する。
2)富士箱根火山帯の形成によって、トウキョウダルマとダルマが地理的に隔離され、分化する。
3)再び訪れた氷期で大陸と繋がり、大陸から新しく移住した個体群がトノサマになる。

以上のようにトノサマガエル種群の種分化にはいずれの段階にも、地理的隔離があります。いずれ詳しく扱う予定ですが、輪状種の形成には定義上、地理的隔離は関与しません。というか、地理的隔離は輪状種を否定する条件です。

輪状種や種群についての関連エントリーをご覧ください。
http://seichoudoku.at.webry.info/200608/article_65.html
http://seichoudoku.at.webry.info/200702/article_24.html
http://seichoudoku.at.webry.info/200612/article_14.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
タシギ上種(スーパースピーシーズ)
タシギは、ナンベイタシギ、アフリカジシギ(マダガスカルジシギ)とともに上種を構成します。上種はエルンスト・マイアの用語で、かつていくつか存在した亜種が、それぞれ分化が進み種のレベルに達した状態です。 さらに時間が経過し、それぞれの種の分布に重なりが出来ると、種群と呼ばれます。セグロカモメ種群がその例です。 ...続きを見る
鴎舞時 / オー・マイ・タイム
2007/11/17 23:46
輪状種とは? − シロカモメは輪状種か? (シロカモメ第1回冬羽・成鳥冬羽)
日本で観察されるシロカモメの多くは、亜種ssp.pallidissimusとされています。pallidissimusは、シロカモメ中、最大で最も淡色の亜種とされていますが、計測値を見る限りヨーロッパの基亜種ssp.hyperboreusと大差はなく、分布の境界ではインターグレード(亜種間の雑種)が少なくないと考えられています。 pallidissimusの分布域はタイミル半島からベーリング海までなのですが、隣接するアラスカには最小の亜種ssp.borrovianusが生息しています。最大... ...続きを見る
鴎舞時 / オー・マイ・タイム
2008/01/05 22:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トノサマガエル種群とセグロカモメ種群 鴎舞時 / OhmyTime/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる