アクセスカウンタ

鴎舞時 / OhmyTime

プロフィール

ブログ名
鴎舞時 / OhmyTime
ブログ紹介
千葉県・茨城県の野鳥を紹介します。画像・文章の無断転載はできません。All text & photos at this site are copyrighted by seichoudoku.

←Molting adult Latham's Snipe 2018.8.1 Japan.

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
タシギ夏羽〜冬羽180816茨城県
タシギ夏羽〜冬羽180816茨城県 Common Snipes molting adult 180816 Japan. 第1陣が入った。休耕田に5羽。あたりのオオジシギより警戒心強く、草陰に走り去る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/17 20:31
ニホンノウサギ180727茨城県
ニホンノウサギ180727茨城県 Japanese Hares 180727 Japan. 闇夜に向かい合う。見つめ合うのか睨み合うのか。離れてもう1匹いる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/15 17:50
標識オオジシギ幼羽〜第1回冬羽「AY」-180813千葉県
標識オオジシギ幼羽〜第1回冬羽「AY」-180813千葉県 Colour-flagged Latham's Snipe molting juvenile 180813 Japan. 肩羽は幼羽から第1回冬羽に換羽中、各雨覆と三列風切は幼羽。左脛青フラッグ「AY」は2018年8月5日、Oさんが付けた(私信)。放鳥と撮影は同一サイト。夜はこの休耕田で採餌している。鳴き声は「ゲッ」。遅くとも8月2日に2羽このサイトに入ったが、そのうちの1羽と思われる。滞在推定12日目。 すぐ横にタマシギ兄弟がいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/14 17:33
ゴイサギ幼羽180811茨城
ゴイサギ幼羽180811茨城 Black-crowned Night Heron juvenile 180811 Japan. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/13 20:10
ノコギリクワガタ、小さい180810千葉県
ノコギリクワガタ、小さい180810千葉県 Prosopocoilus inclinatus 180810 Japan. 40mmに満たない小さめの雄。灯下で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/12 20:32
アブラコウモリ180811千葉県
アブラコウモリ180811千葉県 Japanese House Bat 180811 Japan. 早朝、壁や屋根裏にしがみつく飛ぶを10回以上繰り返した後、配管カバーの裏に潜り込んだ。 アブラコウモリがイエコウモリといわれる機会が増えだしたのはいつからか。未だにイエには違和感がある。アブラは古くから庶民の言葉だし学名でもあるし、アブラハムとかアフラマツダとかグローバルに馴染む語感があって、英語の直訳調のイエよりいいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/11 22:41
東京国立博物館(東洋館)の鳥
東京国立博物館(東洋館)の鳥 @少女像(前2025−前1794年頃)上エジプト。ナディア⁉が鴨を提げている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/10 21:41
トウネン夏羽180729千葉県
トウネン夏羽180729千葉県 Red-necked Stint breeding 180729 Japan. 浜にシギはこれ1羽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/09 22:54
エピオルニスはモアよりキーウィに近かった
エピオルニスはモアよりキーウィに近かった Aepyornis sp.(Egg) 180802 Ibaraki Nature Museum. エピオルニスはマダガスカルの飛べない鳥、モアとキーウィはニュージーランドの飛べない鳥。地理学的には、より近縁なのはモアとキーウィ。頸と足が長く大型化したという形態で見れば、近縁なのはエピオルニスとモア。実際はしかし、ともに違った。米澤隆弘(復旦大学/中国)ら(2016)のミトコンドリアDNAと核DNAの分子系統学的研究によれば、エピオルニス科と姉妹関係にあったのはキーウィ科だった。 古顎類の系... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/08 23:55
ウミネコ幼羽180729茨城県・千葉県
ウミネコ幼羽180729茨城県・千葉県 Black-tailed Gulls juvenile 180729 Japan. 港には幼鳥が集まっていた。茨城県。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/07 20:59
タマシギ幼羽180803千葉県
タマシギ幼羽180803千葉県 Greater Painted-snipes juvenile 180803 Japan. この夜は幼鳥2羽。 オオジシギは上空からの声のみ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/06 21:39
ウミガラスの卵が円錐形である理由は
ウミガラスの卵が円錐形である理由は、鋭端を中心にコマのように回転することで、産み落とされた岩棚からの落下を免れるからである、と一般的に信じられてきた。 卵の回転半径は(産みたてだと)17cm、それに対して岩棚は15p程度である。ウミガラスを専門にするイギリスの鳥類学者ティム・バークヘッドにいわせると、ウミガラスの卵の形状はまったく転落防止の役に立っていない。それに対する彼の仮説は極めてユニークだ。彼は、一方が尖るのは卵の鈍端を糞の汚染から守るためと考える。鈍端には気室があり(胚に酸素を供給し)... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/05 20:48
タマシギ♀第1回夏羽180802千葉県
タマシギ♀第1回夏羽180802千葉県 Greater Painted-snipe first summer ♀ 180802 Japan. 照明周辺の鳥影に白線が浮かんだ。タマシギ♀の白い肩羽は夜一際目を引く。 以前から不思議に思っていたのだが、これだけ顕著な特徴である白線が図鑑にはほとんど取り上げられていない。例えば、山渓日本の野鳥、550図鑑、650図鑑には、白線の記述も白線が写っている雌の写真もない。もしかしたら、白線が写っていない写真を見て解説しているからかもしれない。Brazil図鑑やコリンズのBIRD GUIDEも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/04 22:43
シギ類の第1回夏羽を探す
シギ類の第1回夏羽を探す BIRDER 2018年5月号に澤本将太さんが「シギ類の羽衣による年齢識別〜第1回夏羽を探す〜」を寄稿した。要点をメモしておく。 第1回夏羽(1S)のシギを(初夏に)探すコツは摩耗褪色した幼羽を見つけることである。 識別ポイント@雨覆と肩羽のコントラスト: 換羽済みの新鮮な肩羽(第1回夏羽)と摩耗褪色した雨覆(幼羽)のコントラストが明瞭なのが1Sである。成鳥冬羽は幼羽より新しいのみならず羽枝の構造がしっかりしているので摩耗褪色は幼羽ほど進行していない。 識別ポイントA初列風切の換羽から1S... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/08/04 17:48
シギ類の年齢識別に「暦年(カレンダー・イヤー)」は適切ではない!?
シギ類の年齢識別に「暦年(カレンダー・イヤー)」は適切ではない!? 私がcalender-yearという聞き慣れない用語に最初に出くわしたのは、絵が素晴らしく今でも最高の図鑑の一つであるLars Jonsson(1992/1996)のBIRDS of EUROPEをぱらぱら繰っていた時だった。calender-year用語(ターミノロジー)に1ページが割かれている。以下まとめてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/04 16:35
タマシギの幼綿羽180802千葉県
タマシギの幼綿羽180802千葉県 Greater Painted-snipes juvenile 180802 Japan. HaymanらのSHOREBIRDS(1986)に、幼鳥の特徴の一つとして、尾羽の先のダウンが挙げられている。成鳥とあまり変わらない大きさになっても意外と残っているので成鳥♂との識別に役立つ。画像を見ると尾先のみならず下尾筒にも綿羽が見える。 フラッシュによる「マイクロコントラスト」で羽衣の微妙な質感がわかる。 マイクロコントラストについては、William H. Majorosの online b... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/03 18:17
タマシギ幼羽-180801千葉県
タマシギ幼羽-180801千葉県 Greater Painted-snipes juvenile 180731 Japan. 幼鳥1羽、10m離れて寄りそった4羽。血縁は不明。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/02 09:04
オオジシギ夏羽〜冬羽180801千葉県
オオジシギ夏羽〜冬羽180801千葉県 Latham's Snipe molting adult 180801 Japan. 肩羽上列は冬羽、三列風切・雨覆は夏羽、大雨覆に脱落。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/08/01 23:20
タマシギ幼羽-180730千葉県・茨城県
タマシギ幼羽-180730千葉県・茨城県 Greater Painted-snipes juvenile 180730ABC Japan. 幼鳥3羽。個体A(画像1)は180714個体と同一。同所で。 すぐ横にオオジシギ1羽がいた。比べるとタマシギは随分と小さい。オオジは右へ小走りした後無声で飛び立ち4-5mのところへ着地。草陰に隠れた。回り込もうとすると再度飛び3声を発して闇に消えてしまった。なかなか撮れない。千葉県。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/31 10:00
東京国立博物館本館(日本館)の鳥
東京国立博物館本館(日本館)の鳥 瑞花双鳳八花鏡(8世紀)奈良興福寺。堂塔の建立の前に、土地の神々を鎮めるために埋められた鎮壇具の一つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/07/30 12:17

続きを見る

トップへ

月別リンク

鴎舞時 / OhmyTime/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる