絶滅種オオウミガラス170527大英自然史博物館展

Great Auk Pinguinus impennis (model)170527 National Museum of Nature and Science, Tokyo. フランスの博物学者ジョルジュ=ルイ・ルクレール・コント・ド・ビュフォン(1707~1788)は、形態の類似性から南北のペンギンを一つの図版に並べた(荒俣宏著『世界大博物図鑑4鳥類』p26)。ビュフォンは両者は近縁ではな…

続きを読む

ヤマトシミ200506千葉県

Oriental Silverfish 200506 Japan. 腹部が膨らんでいて先細りしておらず、3本のしっぽのように見える糸状付属物が長く、セイヨウシミではないことがわかる。石川良輔著(1996)『昆虫の誕生』によれば、糸状付属物の中央は腹部第11節が変化したもの、両側は尾角である。単眼はない。 Oriental Silverfish 160514 Japan.

続きを読む

コガタスズメバチの巣200619東京都

Vespa analis insularis 200619/0626 Japan. 朝、職場の流しにスズメバチが落ちている。昨日の退勤時にはなかった。どこから入ったか。その午後、目敏い同僚が窓外の巣を発見。徳利形のコガタスズメバチの創始期の巣だ。その日のうちに職場内で2度観察会を開き思いのほか好評を博した。大型の女王が帰巣すると歓声が沸いた。やむを得ず撤去された後、外役中の女王が戻って来た。翌…

続きを読む

ニホンアシカ170527大英自然史博物館展

Japanese Sea Lion 170527 National Museum of Nature and Science, Tokyo. イギリスの探検家ヘンリー・ジェームズ・スノーが千島で捕ったアシカは横浜の貿易商アラン・オーストンによって大英自然史博物館へ送られた。1974年以来記録がなく絶滅したとされる。この大英博物館のものを含め世界に十数個体しか標本はない。

続きを読む

なぜ野生動物を餌付けしてはいけないのか?

小島望・高橋満彦編著(2016)『野生動物の餌付け問題』を読んだ。印象に残った部分を挙げる。 p14 そして何よりも、餌付けの最大の罪は、餌と人とを結びつける学習をさせ、人を恐れない「人馴れ」した野生動物をつくってしまったことである。この「人馴れ」こそが、身近にありながら人間を避けてきた野生動物や、ほとんど姿を現さなかったはずの野生動物を「有害鳥獣」、あるいは「迷惑動物」へと変えてしまい、…

続きを読む