メリケンキアシシギとキアシシギ060522銚子

画像

 上嘴の鼻孔の溝がキアシシギより長いのがメリケンキアシシギの特徴の一つです。しかし、動いていたり、少し距離があると確認は難しいです。

画像

画像

画像

 3羽のメリケンキアシシギと2羽のキアシシギが一緒に行動していました。同じような環境で見られる2種ですが、こうしてツーショットに収まってくれる事はあまり無いのでは。
 比べてみると、まず、背の色がセグロカモメとオオセグロカモメのように違うのが分かります。メリケンのほうが濃い。それから、メリケンの灰色が一様であるのに対して、キアシの羽端が薄くなっているのが分かります。正面から見ると、媚斑の交わる部分がキアシのほうが、広くなっています。また、メリケンの初列風切が尾より先に突出しているのも分かります。ただし、こうした差は年齢によっても変わるかもしれません。

 何にもまして、メリケンの存在を知らされるのは、形態以前に、その特徴的なポピピピピというちょっとチュウシャクシギのトーンに近いのどかな声です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

メリケンキアシシギとキアシシギ070524銚子
Excerpt: 春のシギチドリの渡りも後半戦に入りました。今季は数も種類数も少なめのようです。 神栖、銚子、旭と回りましたが、田んぼにセイタカ、浜にオバ、トウネン、磯にキアシ、メリケンキアシ、キョウジョがいた程度で..
Weblog: 鴎舞時 / オー・マイ・タイム
Tracked: 2007-05-26 21:18

メリケンキアシシギの形態・採食080523千葉県
Excerpt: 今年も磯にメリケンキアシシギが来ました。 キアシシギの群にいました。 好物のカニを食べていました。 じっくり観察できたので、特徴をまとめて見ます。
Weblog: 鴎舞時 / オー・マイ・タイム
Tracked: 2008-05-25 12:19