日本産バンの亜種は何?

バンはほぼ世界中に分布していて、HBWによると12亜種が認められています。日本産亜種は、リンネの記載したヨーロッパ産の基亜種 Gallinura chloropus chloropus と同一とされています。
東南アジアからオーストラリアに分布するネッタイバンは、バンとは別種と扱われたり、バンの亜種と扱われたりします。東南アジアの一部では、同所的に分布することから、やはり別種とするのが妥当でしょう。
旧北区と新北区の亜種は、額板の形に差があります。基亜種では楕円形、北アメリカ産亜種 G.c.cachinnans は、上端が角張っています。
それでは、日本のバンの額板の形はどうでしょう。

画像

バン~(第1回)夏羽070517手賀沼。
この個体の額板は楕円には見えません。上部は平らに近い。もしかすると、基亜種と北アメリカ産亜種との中間的な形の可能性があるかもしれません。移動性のさほど高いとはおもえないバンなのに、ユーラシア大陸の両端で同亜種というのはちょっと怪しい気がします。

画像
画像

バン~(第1回)夏羽070517手賀沼。
大雨覆に淡色でぼろぼろの羽が見えます。新しい肩羽との色の差に注目してください。第1回冬羽から第1回夏羽への換羽中個体でしょうか。額板の赤が鮮やかなのが気になりますが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

オオバンの親子070701印旛沼
Excerpt: 印旛沼や手賀沼では、オオバンが多いのは冬季で、一部が繁殖しているようです。この数年オオバンの個体数は減少していたのですが、昨冬は両沼で例年よりたくさん見られました。ほとんどの鳥種が減少している中でたく..
Weblog: 鴎舞時 / オー・マイ・タイム
Tracked: 2007-07-04 21:48