メリケンキアシシギとキアシシギ070524銚子

春のシギチドリの渡りも後半戦に入りました。今季は数も種類数も少なめのようです。
神栖、銚子、旭と回りましたが、田んぼにセイタカ、浜にオバ、トウネン、磯にキアシ、メリケンキアシ、キョウジョがいた程度で、数も寂しい。

画像
画像

メリケンキアシシギ夏羽070524銚子。
キアシと行動を共にしていました。
まず、その特徴的な声で存在に気づかされます。後は下尾筒にはっきり斑の出ているキアシを探す。

画像

メリケンキアシシギ(左)とキアシシギ070524銚子。
まず下面の横斑に注目。それから、背の灰に褐色味がなくより暗色なのがメリケン。初列風切の突出が大きいのがメリケン。

メリケンとキアシの比較は次のエントリーをご覧ください。
http://seichoudoku.at.webry.info/200605/article_43.html


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

メリケンキアシシギの形態・採食080523千葉県
Excerpt: 今年も磯にメリケンキアシシギが来ました。 キアシシギの群にいました。 好物のカニを食べていました。 じっくり観察できたので、特徴をまとめて見ます。
Weblog: 鴎舞時 / オー・マイ・タイム
Tracked: 2008-05-25 12:19