コサメビタキとサメビタキとエゾビタキが一緒に見られる不思議

先日ハジロクロハラアジサシとクロハラアジサシがたびたび一緒に見られるのは不思議と書きましたが、サメビタキ類も同様に不思議です。
3羽見られたサメビタキ類が全部違うことすらあります。国内で繁殖しないクロハラアジサシ類とは状況が違います。だからこの不思議を生むメカニズムは別物でしょう。
どんなモデルが考えられるでしょう。異種同士が惹かれある可能性はあまりないと思います。利得が思いつきません。逆に同種同士の反発はありうる。少なくとも、繁殖期の同性同士は排他的です。
ということでこんなモデルはどんなものでしょう。赤白黒の玉を同数袋に入れ任意に(例えば3個)玉を取り出す。ただし、同色同士は反発し、色が違う玉同士は引合いも反発もしない。

画像
コサメビタキ第1回冬羽071001柏。
コサメが柿を食べに来た?いえいえそんなことはありえません。
メジロに誘われたか。それにしても青い柿なぞメジロも食わん。不慣れな分野についてはそんなものか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

サメビタキ・エゾビタキ・コサメビタキ080924千葉県
Excerpt: 早朝はエゾが2羽いただけで静かだったが、昼過ぎに再度訪れると、まずいきなりサメ、続いてコサメ、エゾはそこかしこでひらひら虫を追っている。こういった日が毎秋一度はあるのだけれど、この日はそんなラッキーな..
Weblog: 鴎舞時 / OhmyTime
Tracked: 2008-09-25 21:39