カリフォルニアカモメ(?)幼羽001205千葉県

画像
California or Heuglin's Gull juvenile 001205 Japan.
カリフォルニアカモメ(?)幼羽001205千葉県。右のウミネコよりやや大きい。全体的に褐色で幼羽と思われる。嘴はほぼ暗色で基部に少し淡色がある(ように見える)。初列風切が長いところ、目が大きく可愛く見えるところ、脚が短く見えるところ等はカリフォルニアの特徴に当てはまる。
カリフォルニアカモメの大きさはウミネコとセグロカモメの中間で、丸い頭と細長い翼が特徴。嘴は比較的長い。幼鳥は全体的に褐色でウミネコやホイグリンカモメ(タイミレンシス)に似ている。ウミネコ幼羽との違いは、上尾筒から腰に褐色斑がある(ウミネコは白)、尾が褐色(ウミネコは黒)など。
日本に迷行する可能性のある亜種は、北部グレートプレーンズに分布するL.c.albertaensisであろう。南部の基亜種より大きくホイグリンとかなりオーヴァーラップすると思われる。
カリフォルニアカモメの換羽は比較的早く9月から10月には幼羽はかなり退色し嘴は先だけが黒いピンクになっている場合が多い。この個体はほぼ幼羽でこれに該当しない。しかし、より北部のそれも遅生まれの個体であれば換羽は遅れるかもしれない。
この年の12月16日にもカリフォルニアカモメの可能性のあるカモメが観察されている。もしかしたら同一個体かもしれない。
posted by seichoudoku at 22:25Comment(0)TrackBack(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック