白いカモメ第1回冬羽100403千葉県

画像
画像
画像
画像
画像
画像
Leucistic Kamchatka Gull Larus (canus) kamtschatschensis first winter 100403 Japan.
白変カモメ第1回冬羽100403千葉県。足がピンクなので第1回と思われる。嘴の先と虹彩が黒いことから、また初列基部と翼前縁が少し褐色であることから、完全にメラニンを合成することのできないアルビノではないことがわかる。
初列風切が針のように磨耗している。このことは、初列の黒い色素の本来の作用を教えてくれる。色素は物理的、化学的に羽の強度を高めている。正常な羽ならここまでぼろぼろにはならなかったはずだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • にしむら

    こんばんは。

    銚子、ですよね?
    4/3に第三漁港の沖にセグロより小さめで真っ白いのが浮いてて、ちゃんと確認する前に黒生方面に飛んで行ってしまってけっこう気になってました(笑)

    正体が判って安心しました。
    2010年04月07日 23:37
  • seichoudoku

    逃がした魚は大きいといわれますが、正体がそれほどでもないと知れば安心です。もしここにゾウゲでもアップされていた日には、卒倒もんですよね。
    2010年04月08日 21:58

この記事へのトラックバック