オジロトウネンの換羽の中断(動画)101205茨城県

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

Temminck's Stint nonbreeding 101205 japan.
オジロトウネン成鳥冬羽101205茨城県。個体A。外側初列風切P9、P10は暗褐色の旧羽で、P9は磨耗が目立つ。薄くなっており後の羽が透けている。換羽が継続中とすると、P9が旧羽であればP8は脱落しているか伸長中のはずである。しかし、P8以内の初列はすべて褐色味のない暗灰色の新羽で、かつ伸長が済んでいる。したがって、この個体の初列の換羽は、P9の脱落が抑制されP8の伸長が完了したところ、すなわち初列の換羽は中断されていると考えられる。O'brienらの"The Shorebird Guide"によれば、オジロトウネン成鳥の初列の換羽は9月にP1から始まり11月にP10が完了するか、または一時中断して4月に完了する。いつ頃、初列のどこで換羽の中断が起こるかの記述はないので、この個体のようにP8/P9で中断するのが一般的なのかはわからない。ちなみに幼羽の初列はこの時期、P1-5は換羽せず、12月から翌年5月にP6からP10が換羽する。12月にP1-8まで換羽しているこの個体が幼鳥ではないことがわかる。雨覆にサブターミナルバンドのある幼羽がみられないことからも幼鳥でないことが確認できる。成鳥の頭部、体部の換羽は7月から10/11月に行われる。

画像
Temminck's Stint nonbreeding 101205 japan.
オジロトウネン成鳥冬羽101205茨城県。個体B。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

オジロトウネン成鳥の初列風切の中断と換羽140323千葉県
Excerpt: Temminck's Stint nonbreeding 140323 japan. P9-P10はかなり磨耗している。P8は脱落または伸長中で、P7以内は外側に比べ磨耗はしていない。中断していた外..
Weblog: 鴎舞時 / OhmyTime
Tracked: 2014-03-23 20:33