小型シロカモメ第1回冬羽120324千葉県

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
Glaucous Gull Larus hyperboreus barrovianus first winter 120324 Japan.
個体A。どきりとした個体。大きさはセグロカモメと同じかやや小さい。画像4の左、画像5の手前のカナダカモメ第1回冬羽と比べて、大きさや体形が近いのがわかる。初列の突出は嘴より少し長いように見える。嘴のツートーンも境界が不明瞭で、アイスランドに近い。しかし、嘴は細くなく、眼も小さい。

画像
Glaucous Gull L. h.barrovianus first winter 120324 Japan.
個体B。この個体もかなり小さく見えたが、初列の突出は短い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック