アオスジカミキリ120917千葉県

画像
画像
画像
画像
灯火に飛来したと思われる(周辺にネムノキはない)。手賀沼周辺ではじめて見た。千葉県では準絶滅危惧種とされる。
触角第1節の端の外側にとげがあるのがアオスジカミキリ属Xystroceraの特徴。近縁のオガサワラチャイロカミキリ属は小さく色彩も似ていない。
多数の卵をまとめて生むこと、蛹室のふたにする繊維状の木屑がみられないことは、本種の原始的な習性とされる(コジケイ図鑑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック