錐合なの? キリアイ幼羽140807茨城県(改訂140902)

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
Broad-billed Sandpiper juvenile 140807 Japan.
この鳥の魅力を高めているのが不可思議で神秘的でもあるネーミングの妙だ。大橋+Naturally著『鳥の名前』(2003)には、
文学的な香りもする粋な命名といえるだろう
とある。

キリアイの語源を調べてみた。
結論から書くと、安部&叶内著『野鳥の名前』(2008)にあるように、
意味も起源も明らかではない。説もない。
さらに同書は、嘴の形状は和名と関係ない、と続けている。しかしこれは、勇み足と思われる。なぜなら、起源が明らかでないのなら嘴の形状と無関係と断定することはできないからだ。
期待して紐解いた『江戸鳥類大図鑑』(2006)にはキリアイの記載は残念ながらなかった。
キリアイが日本の書にはじめて登場するのは菅原&柿澤著『図説日本鳥名由来辞典』(1993)によれば、江戸後期(1810年頃)の水谷豊文による「水谷禽譜」全八巻(402種掲載)である。菅原&柿澤は、
「水谷禽譜」の“きいやいしぎ”の図はキリアイである。“きいやいしぎ”には“しほすき”“こざる”の名もある。
としている。ちなみに、同書によれば“こざる”には、小型の“さるしぎ”、あるいはコムクドリの意もある。この記述からキリアイがシギの形容であったことがわかる。アメリカヒドリ(カモ)のように。キリアイがその鳥自体を示すのではなく、より一般的な形容語を表すとすれば、その命名の神秘性はやや落ちるような気がする。しかしキリアイが何を形容するのかはやはり不明なのだが。

いくつかの書がその語源を推測している。
前掲『鳥の名前』には、錐を合わせたような嘴、とある。この「合わせた」はややあいまいな表現だが、取り付けたの意か。
元山階鳥類研究所所長の山岸哲著『けさの鳥』(2004)では、名前の由来は、くちばしの先端が錐状だからか、とされている。これは意味不明である。なぜならキリアイの嘴の先端は幅が広くなっていて鋭く尖っているわけではないから。
前掲『野鳥の名前』は、眉線と頭側線が「錐の先」であり、それらが合わさっているので錐合であろうか、と記す。意表をつく説だ。英名にBroad-billedとあるように(注)、キリはつい嘴を示すと思いがちだから。しかしこの説は、凝りすぎていて言葉尻に囚われた憶測に思われる。識別のため細部にこだわるウォッチャーの視点が江戸時代以前の人たちにあっただろうか?

「キリ」のつく鳥の和名を石井直樹著『世界鳥類和名・英名・学名対照辞典』で調べてみる。
キリオオナガ、キリハシ、キリハシチメドリ、キリハシハチドリ、キリハシミツスイのキリは、いずれも錐を表す。ただし英語では、キリオの錐はrachetであり、キリハシの錐はwedgeである。
キリアイのキリが錐として、その錐とは、柄とその先の金属を示すのか、それとも先の金属部分のみを指すのか?金属部分のみを示すのであれば錐の必然性はなくなるのではないか。尖ったものならほかにいくらでもあろう。
キリチカムシクイというのもあるがこれは、Kiritikaで錐とは無関係。

そもそも「きりやい」が錐合なのか?
そこを疑う必要があるかもしれない。


注) 中国語と韓国語のキリアイを調べた。
中国語の阔嘴鷸は、幅の広い嘴のシギを表す。これは英名からの翻訳だろう。一方韓国語の송곳부리도요は錐の嘴のシギを表す。これはもしかすると日本語からの翻訳または意訳かもしれない(歴史的な鳥学の発展程度を考慮すればその逆はあまりなさそう)。韓国語の命名者が錐を嘴の形容と捉えたとすると、そのわけはどうしてかなかなか興味深い。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • おでん屋

    名前の由来の議論面白いです!私は小学生の時に、「頭部の線が剣で切りあった時にできた傷のようだから」という説明を探鳥会の際に受けた記憶があるのですが、これも後付けの説明っぽいですね(あう、というのが意味不明ですし)。あと、こっちに書いちゃいますが、前の投稿のアカヒレは成鳥じゃないでしょうか?風切は褪色して褐色に見えますし、三列も幼羽の模様とは違う気がします。ご検討ください。
    2014年09月02日 12:06
  • seichoudoku

    気が利いたコメントをいつもありがとうございます。自分のために書き綴るサイトではありますが、おでん屋さんのようなオーディエンスがいてくれることは管理人として嬉しくもあり誇りでもあります。
    さて、キリアイ=斬り合いを連想する人は少なからずいるかもしれません。語の多義性こそ詩を機能させるわけです。語源がはっきりしないことでキリアイの魅力はさらに高くなる、ってことです。
    アカヒレに関してはそちらのエントリーに追記しますね。
    2014年09月02日 20:42

この記事へのトラックバック