ハシブトアジサシ夏羽~冬羽140923千葉県

画像
画像
画像
画像
画像
Gull-billed Tern molting adult 140923 Japan.
ユーラシア、アフリカ、インド、オーストラリア、そして南北アメリカとほぼ世界中に繁殖するが、各地の分布は限定的だからローカルなコスモポリタンといえる。同様のローカル・コスモポリタンであるオニアジサシは南アメリカには分布しない。ウェットランドの排水、農地拡大等によるハビタットの消失により、個体数は減少傾向にある。ヨーロッパの個体群はアフリカ、インドで、東アジアの個体群は東南アジアで越冬する。オーストラリアではノマド。
分類は、アジサシ属として記載されたが、オニアジサシ属、オオアジサシ属に入れられたり、ハシブトアジサシ属に入れられたり落ち着かない。ミトコンドリアDNAの分子系統ではオニアジサシと姉妹種となっている。6亜種認められている(HBW)。日本で観察される亜種は『目録』では内モンゴル以東の基亜種Gelochelidon nilotica nilotica とされるが、渤海のG.n.affinis の可能性もある(ただしaffinisniloticaと識別できない)。生態は典型的アジサシ類と大形アジサシ類の中間的特長を持つ。沼アジサシのように無脊椎動物を好んで捕食する。画像の個体は砂浜のカニをすくいとっていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック