タイミルセグロカモメ夏羽~冬羽141123千葉県

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
Taimyr Gulls molting adult 141123 Japan.
この日はセグロカモメ670羽に対してタイミルセグロカモメ45羽。体部の暗色斑がなく初列風切P7-10が夏羽である個体(画像1)から、夏羽はすべて脱落し冬羽P7まで出ている個体(画像10)まで、換羽の遅いものから進んだもの10個体を並べてみた(同一個体は除いたつもりだがもしかしたら入っているかも)。背の灰色の濃さは、オオセグロカモメとセグロカモメとの中間程度の濃さ(画像4、9)からセグロと同程度(画像5、10)まで、足の色は黄色(画像10)からやや黄色味がかったピンク(画像2)まで、大きさはセグロよりやや小さいもの(画像6)からほぼ同程度のもの(画像4)までバリエーションがあるのがわかる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック