コガモ(/アメリカコガモ)の三列風切151226-千葉県

氏原さんの『日本のカモ』が出て3ヵ月が経つ。この冬はカモメもそこそこにカモの撮影に時間を割くことになった。特にコガモの三列風切についてはかたっぱしから撮った。そこで見えてきたものとは?
コガモ♀と比較してアメリカコガモ♀の特徴を同書にしたがいおさらいしておく。

1) 最外三列風切の黒条がより短く(羽先手前1/3程度まで)先端に届かない(コガモ♀との最も有効な識別点)。
2) 大雨覆の淡色帯の幅はより狭く、橙色が濃く広範囲に及ぶ。次列風切の後縁の白色帯の幅はより広い(次に重要な識別点)。
3) 頬線が明瞭で、嘴基部に接する白斑がある(識別の手掛かりとなるが決定的ではない)。

画像
画像
画像
画像
Eurasian Teal ?♀ 151226A Japan.
過眼線と頬線が明瞭で嘴基部に目立たないが白斑がある。顔のパターンを見たときこれはと感じた。大雨覆の淡色帯は幅はさておきオレンジ色を呈していた。そこで肝心の三列風切はというと。最外三列外弁の縁の白が波打ち、細い黒条がそれに沿い先はぼやっと拡散していた。黒は羽先に達しているようには見えないが、羽軸から遠ざかってもいない。大雨覆の淡色帯と次列白帯の幅は確認できず。

画像
画像
画像
画像
画像
Eurasian Teal ♀ 151226B Japan.
この個体の三列黒条は羽軸から離れていき一見羽先から手前1/3のあたりで途切れている。外弁羽縁の白は先で太くなっていることと黒条が途切れていることと関係しているのだろうか。太くなった白の内側(上側)に薄い黒線があるようにも見える。伸びをした翼を見れば、大雨覆の淡色帯はオレンジ味に乏しく、幅は狭くは見えない。さらに次列端の白帯びも広く見えない。

画像
Eurasian Teal ♀ 151230 Japan.
この個体は三列の黒条が不鮮明でほとんどないように見えた。その他の形態は普通のコガモ。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
Eurasian Teal (or Green-winged Teal?) adult ♀ 160103 Japan.
正月もコガモ三昧。なかなか見つけられなかった12月6日アメリカコガモとした個体をやっと再発見することができた。三列の黒条上辺はやはり羽先から手前1/3の辺りに向かって伸びているように見えた。しかし画像を拡大してみると黒は細くなり羽先へ伸びているように見える。2つの翼帯もコガモの特徴を示していた。

画像
Eurasian Teal ?♀ 160117A Japan.
151226Aと同一と思われる。この画像の参列を見ると、黒条は細くなり羽先へ達しているように見える。

画像
Eurasian Teal ♀ 16117B Japan.
151226Bと同一。

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
Eurasian Teals ♀ 160207A-J Japan.
コガモの三列黒条は、細いものから太いものまであり、先に向けて薄くなるもの濃くなるもの、途中で途切れるもの、白線が入るもの等かなり多様である。160207Jは151226Bと同一。

コガモの三列のパターンは多様であり、アメリカコガモ♀の識別は3つの特長を総合的に判断することが必要と思われる。

三列風切のパターンは個体識別の助けになることがわかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック