アサヒナカワトンボ♂無色翅型180503山梨県

画像
画像
Mnais pruinosa 180503 Japan.
頭部に対して胸部が相対的にやや小さく見える、翅縁紋が先端寄りにあり細長く見えない、等アサヒナの特徴を持つ。腹部第1節の棘は翅が重なりよく見えない。伊豆個体群も見られる地域なのでその可能性もある。
山梨県は、ニホンカワトンボとアサヒナの分布の境界線上にある。交雑による種分化が現在進行形で検証できる場所だ。
神奈川県を中心としたカワトンボ属の分布(苅部ら(2010))

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック