金土木-190221千葉県

画像
画像
夜明け前の東南の空、金星:-4.2等、土星:0.6等、木星:=2.0等。
栗本慎一郎は自身の幼少期男子は昆虫少年か天文少年かのどちらかだった、とどこかで書ていた(と思う)。私はというと、昆虫少年であり、天文少年であり、鳥(飼)少年であった。ようするに自然には何でも興味があった。それは今でもあまり変わっていない。鳥繋がりの知人は、私の雑多なブロブを見て、鳥に専念しろという。私にとって鳥は特別な存在ではあるが、唯一無二というわけではない。夜間探鳥のウェイトが大きくなっているこの頃は星夜に目が向くのは必然だった。機材の進歩でこの程度の撮影なら片手間で済む。子供の頃はやりたいことが多すぎて寝る時間が惜しかった。そして今もやりたいことが多すぎて、実際恒常的な寝不足に陥っている。


追記190222:1行目追加。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック