小型シロカモメ冬羽170105千葉県

Glaucous Gull (probably Larus hyperboreus barrovianus ) nonbreeding 170105 Japan. 周囲のセグロカモメと同じくらいかやや小さい。初列風切の突出は嘴より明らかに大きい。頭部から頸部にカナダカモメのそれを思わせる拡散した斑が散在する。眼は小さく、虹彩は淡色で、オービタルリンクの色は不明。嘴は長くはないが華奢でもない。足…

続きを読む

シロカモメ冬羽150308茨城県

Glaucous Gull Larus hyperboreus pallidissimus nonbreeding with Black-tailed Gulls 141026 Japan. 横殴りの雨、今日もカモメ類は少なめ。オービタル・リングは黄色。

続きを読む

シロカモメ成鳥冬羽131014千葉県

Glaucous Gull Larus hyperboreus pallidissimus nonbreeding with Taimyr Gull 131014 Japan. ジシギの季節が終わりカモメシーズン到来。 すでに頭部から後頸に褐色斑が散らばり冬羽に換羽していることがわかる。初列風切は外側3枚は旧羽で先が針状に磨耗している。画像1-3の左側はタイミルセグロカモメ。最後の画像の左か…

続きを読む

小型シロカモメ第1回冬羽・第3回冬羽110403千葉県

Glaucous Gull possible L.h.barrovianus first winter 110403 Japan. 小型シロカモメ第1回冬羽110403千葉県。今季見つけるたびに、おっ、と思う個体。嘴のツートーンは不明瞭。初列風切の突出はややある。 Glaucous Gull possible L.h.barrovianus third winter 110403 Ja…

続きを読む

小型シロカモメ第1回冬羽101218千葉県

Glaucous Gull probably Larus hyperboreus barrovianus first winter with Slaty-backed Gull first winter (right) 101218 Japan. 小型シロカモメ第1回冬羽101218千葉県。右のオオセグロカモメよりやや小さい。初列風切の突出はかなりあるように見える。嘴も小さく、パターンも典型的…

続きを読む

シロカモメ第1回夏羽・流出油080512茨城・千葉県

Glaucous Gull Larus hyperboreus pallidissimus  1st summer with Slaty-backed Gulls 1st summer 080512 Japan. シロカモメ第1回夏羽とオオセグロカモメ第1回夏羽080402千葉県。茨城県側でこの1羽、千葉県側で成鳥1羽が見られました。 油汚染080512千葉県。 カモメで賑わう漁港の端…

続きを読む

シロカモメの第1回冬羽の性的二形

雄と雌の差異を性的二形といいます。大型カモメでは比較的目に付きます。雄のほうが雌より大きい。 それでは何歳から差が出るでしょう。ヒトの場合二次性徴以前では男女に差はほとんどありません。髪の毛を隠してしまえば顔を比べても女の子か男の子か区別がつかないのではないでしょうか。 それでは次に第1回冬羽の雌雄と思われるシロカモメ(亜種L.h.pallidissimus)を比べてみましょう。 Gl…

続きを読む

シロカモメ第1回冬羽・成鳥冬羽080306

Glaucous Gull Larus hyperboreus1st winter 080306 Japan. シロカモメ第1回冬羽080306千葉県。 Glaucous Gull Larus hyperboreus1st winter 080221 Japan. シロカモメ第1回冬羽080221千葉県。 Glaucous Gull Larus hyperboreus adult…

続きを読む

輪状種とは? - シロカモメは輪状種か? (シロカモメ第1回冬羽・成鳥冬羽)

日本で観察されるシロカモメの多くは、亜種ssp.pallidissimusとされています。pallidissimusは、シロカモメ中、最大で最も淡色の亜種とされていますが、計測値を見る限りヨーロッパの基亜種ssp.hyperboreusと大差はなく、分布の境界ではインターグレード(亜種間の雑種)が少なくないと考えられています。 pallidissimusの分布域はタイミル半島からベーリング海ま…

続きを読む

シロカモメxセグロカモメ第1回冬羽・シロカモメ成鳥冬羽071025銚子

足の黄色いのも含めセグロカモメが100羽を超え、シロ、ワシ、カモメが揃いました。いよいよカモメシーズン、ワクワクします。 まず雑種と思われる個体から。 Hybrid Glaucous Gull x Vega Gull 071025 Choshi. シロカモメxセグロカモメ第1回冬羽071025銚子。 嘴はシロのツートーンではなく、セグロにある尾の黒帯がありません。初列風切はシロにして…

続きを読む

シロカモメ成鳥、ワシカモメ第3回冬羽061226銚子

まだセロカモメ、ワシカモメは少ないです。 Larus hyperboreus pallidissimus adult winter 061126Choushi Larus glaucescens 3rd winter 061126Choushi このワシカモメは平均的な第3回個体ではありません。嘴の黒斑が大きく、三列に僅かに褐色が残っているので第3回冬羽と思われます。しかし…

続きを読む

ワシカモメ、シロカモメ061126銚子

銚子のカモメ類はほぼ出揃いました。 Larus glaucescens Adult winter 061126Choushi 左のセグロカモメ(L.vegae)と並ぶとその大きさが実感できます。頭の灰褐色は冬羽の特徴です。初列風切の換羽はまだ完了していません。 Larus hyperboreus pallidissimus Adult winter 061126Choushi …

続きを読む